明日はあしたの風が吹くサ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜のイルギオットーネ

<<   作成日時 : 2007/11/16 02:02   >>

トラックバック 2 / コメント 0

 丸の内 東京ビル 1階にあるイタリアンレストラン、イルギオットーネにてディナーを致しました。

 以前、ブログでランチをしたというお話をしたことがありました。そのランチをした頃からずっと、夜に来てみたいと思っていたのですが、なんせこちらのお店、お高いので、なかなか来ることができません。ですが、今回、思い切って行ってみることにしました。
 いつもであればこのような高いお店は誰かに連れてきてもらうのですが、今回は頑張って自費でした。
 こちらのお店は昼、夜ともにお料理はコースのみとなっています。ディナーは
7,500円か10,000円の二種類となっており、どちらもおまかせです。予約をする際に食べられないものを事前に申し出ておきますときちんと考慮してお料理を出してくれます。予約のときに苦手なものを言っておくのですが、当日、お店に行ってからも嫌いなものはないかと確認されます。当日に言っても対応してくれるとはとても親切なお店です。
 お店に通されますと、個室に案内されました。特別、個室とお願いしたわけではないのですが、個室に案内されたとはラッキーでした。これで食事も料理もゆっくり堪能できます。今回のメンバーは5人でした。
 私たちが予約したのは7500円のコース。フォアグラが苦手という方がいたので、前もってフォアグラが苦手というお話をしておきましたら、やはりフォアグラは出てきませんでした。
 お料理は全部で7品。温かい前菜1、冷たい前菜2、リゾット、パスタ、肉、デザート、コーヒー、パンでした。
 イルギオットーネは京都発信のイタリアン店。そのせいか、京野菜がふんだんに使われ、どちらかというとイタリアンというよりは和テイストが強く出ていました。ガッツリボリュームたっぷりのイタリアンというより、あっさりとお上品な感じ。生粋のイタリアンというより、創作イタリアンという感じです。若い方や、生粋のイタリアンがお好きな方には物足らないかもしれませんが、女性やご年配の方には丁度いいかもしれません。私たちが伺った日も老夫婦が来ていらっしゃいましたが、どうやら常連さんのご様子。これならお年寄りの方にも気に入られるようなお味です。
 どちらかというと昼間の方がイタリアンぽいかもしれません。もしかしたら客層に合わせているのかもしれませんね。昼間は3000円程度のお値段食べることができます。もちろん、ランチとしては高いですが、イルギオットーネが3000円というのはかなりお得です。丸の内という場所柄もあるとは思いますが、昼間は若い女性、OLが多いのです。それに引き換え、夜はお高いせいかご年配の方が増えてきます。この客層に合わせますと自然と昼間はボリュームがあり、夜はあっさりというメニューが相応しいように思います。お店もいろいろ考えているのでしょう。
 お料理に合わせてワインも頂きました。最初はスパークリング、白ワイン、赤ワインと続いていきました。
 イタリアワインはフランスのワインに比べたらお安いのですが、こちらのお店のイタリアワインはどれも高給でお高いものが揃っていました。
 確かにお料理が高いのですから、ワインが安かったら、釣り合いとれないし、なんだか変ですよね。ワインはお料理の値段に合わせて、お料理にふさわしいワインを置くのがお店の常識だとか。

 お料理もワインもとてもおいしくて、幸せな気分でした。今回は頑張って奮発して来ましたが、きっと、もうこのお店には来ることないんだろうな〜。。。でも、また、来てみたいです。
(20071110)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【ワインの時流】がぶ飲みワイン!
1998年の異常な赤ワインブームから、下火になったワイン。しかし、以前からワインファンであった方や赤ワインブームで虜になられた方々が、赤ワインファンとして根付いています。私もそんな一人です。諸事情から、今秋以降の輸入ワインが高騰しています。しかし、ワイン好きの方は毎日でもワインが飲みたい、ワインで食卓を囲みたいと思われています。そんな中、最近雑誌でワインがまた取り上げられています。2000円以下のワインやがぶ飲みワインの特集です。すごくうれしいです。以前から2000円以下で美... ...続きを見る
経営コンサルタントは武内コンサルティング
2007/11/17 07:41
ワインのお話 ~本当か嘘か? あなた信じますか?~瓶の重さでワインの値段がわかる???
重いワイン、つまり瓶が重いワインほど高いワインとか???コルクの長いワインほど高いワインというのは聞いていましたが、瓶の重さとは???入っている容量、比重は同じはずですから、重さと言えば、瓶の重さの違いになると思います。ワインを購入される際に、瓶を持って、重いかどうか一度試して下さい。これって、他の食品でも言えます。★セコガ二★駅弁★おみやげの冷凍のお好み焼き(広島)昔、広島へ仕事へ行き、帰りにおみやげにお好み焼きを買って帰ろうとすると、「武内さんは、お好み焼きをどうやって選... ...続きを見る
自由にワインを楽しむ
2007/12/02 18:43

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夜のイルギオットーネ 明日はあしたの風が吹くサ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる