明日はあしたの風が吹くサ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪魔の蔵のワイン

<<   作成日時 : 2008/02/01 20:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 「何も持って来なくていいからね、手ぶらで来てね!」

 先日、友人宅にて鍋パーティーをしたという話をしましたが、その家の主人である友人からはお土産禁止令が発布されました。まあ、それは友人の気遣いですからね、、、そう気遣ってくれるのであればあえてお土産を持っていくのはやめ、いろいろ考えた結果、自分の酒は自分で用意ということで、ワインとビールを手土産代わりにすることにしました。
 持っていったワインとビールですが、まずはビール。ビールはベルギービール!チェリー味のベルビュークリークというもの。私、けっこうベルギービールって好きなんです。日本のビールは喉越しですが、ドイツやベルギーのビールって濃くって味わい深いビールが多いのです。ビールなんだけど、まるでワインでも飲んでいるかのよう。
 この、ベルビュークリークもとても味わい深いビールで私は好きなので持参したのですが、、、これはちいとばかり不評でした。おかしいな〜。おいしいのに。。。まあ、人それぞれ好は違いますから仕方がありません。
 しかし、もう一つ持っていった、悪魔の蔵のワインと呼ばれている、チリワインは大好評でした!!お酒が苦手という友人たちも、
 「おいしい!」
 と言って飲んでいました。流石、悪魔の蔵のワイン。
 悪魔の蔵のワインと呼ばれているこのワインは、カッシェロ・デル・ディアブロ・カベルネ・ソーヴィニヨンという名のチリワインで日本ではメルシャンから発売されています。チリワインは安くておいしいと言われ、日本でも好んで飲まれていますが、こちらのワイン、ホントにおいしいんです!!おいしすぎて、盗難にあうので、その盗難防止の為にこのワインには悪魔がいるという噂を流したのだそうです。ディアブロとは悪魔という意味だそうです。瓶にも悪魔のマークがついていました。
 お店にいきますと、このディアブロには赤がカベルネとメルローがあり、白はシャルドネがありました。私はカベルネが好きなので、カベルネを選択しました。メルローより、カベルネの方がパンチがあるような気がするのです。
 お店にはなかったのですが、ディアブロの赤にはカルメネールという品種でできたワインもあるようです。カルメネールって初耳です。チリではメルローは青臭いと言われているようで、メルローの代わりにできたものがカルメネールだとか。。。どんな味がするのでしょう?1度飲んでみたいものです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
悪魔の蔵のワイン 明日はあしたの風が吹くサ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる