明日はあしたの風が吹くサ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 漫画:さくらん

<<   作成日時 : 2009/02/10 23:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ガラスの仮面43巻を購入したとき、一緒に安野モヨコさんの漫画、「さくらん」も買ってしまいました!

 さくらんは講談社のイブンニングにて2001年〜連載された花魁を主人公にした漫画です。2007年には土屋アンナさん主演にて映画化もされ、大変話題にもなっていました。映画を見た後、漫画が非常に気になってずっと読んでみたいと思っていたので、今回、買ってみました。
 映画と漫画では登場人物が多少変わっていましたが、ほぼ原作に近い状態で映画化されていました。映画を見たとき、なんて華やかなんだろう!!と思っていました。これは映像による映像独特の映像美なのかと思っていたのですが、漫画でも映画に劣らず十分に華やかに描かれていました。反対に絵の方がリアルでない分、華やかに描きやすいかもしれません。
 映画の感想のときにも申し上げたのですが、花魁とは悲しい身の上の女たちかと思うのですが、何故か悲壮感がないのです。廓の女たちは強くたくましく懸命なのです。これは作者も映画監督も女性だからなのでしょうか。花魁
たちがカッコよく見えてしまうのです。実際はカッコよくなどなく、屈辱的なことが多かったとことと思うのですが。
 漫画は映画の途中で終わっていました。映画は日暮花魁の話までやっていましたが、漫画はきよ葉が花魁になる前で終わっていました。一応、第1部完結になっているようで、漫画は1冊しか出ていません。その後、続編の連載が始まったようですが、現在は休止中とのこと。できたら最後まで書き上げて欲しいです。続きが出るのであれば、是非読みたいものです。


 
さくらん (イブニングKCDX (1829))
講談社
安野 モヨコ

ユーザレビュー:
恋装丁も銀色地の表紙 ...
映画を見てからマンガ ...
納得のアンチ・ハッピ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
漫画:さくらん 明日はあしたの風が吹くサ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる