明日はあしたの風が吹くサ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 塔ノ岳

<<   作成日時 : 2009/04/25 17:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ハイキングなどするにはだんだんいい季節となってきました。そんな中、先日、塔ノ岳に行ってきました!

 塔の岳は丹沢山地の中の表丹沢と呼ばれている山です。丹沢と一言で言ってもとても広く、西丹沢、東丹沢、表丹沢など、いろいろ山があり、それを合わせて丹沢山地と言われているようです。秋に不老山に行ったというお話をしましたが、そこも丹沢の1つとなります。 
 ここ最近、ハイキングブームのようで、この日も大勢の登山客がいました。大勢といいましても、かなりのご年配の方が多いようで、私なんかより人生の大先輩方ばかり。しかし、この方がた、大変な健脚の持ち主ばかりなのです。私の方が断然若いのにへたれなのです。ホント、今回はまいりました。知らぬが仏、誘われたとき、軽く参加表明いたしましたが、そんな簡単なものではありませんでした。行って少々後悔しました。
 
 朝6時51分 新宿発の小田急線急行に乗りました。渋沢駅で降り、そこからバスに乗りこみ、大倉で降ります。そこが登山口となります。だいたい9時頃の出発となりました。約2時間半〜3時間のコース、お昼につけばいいね。と、いうことで登りだしたのです。
 最初はゆるやかな登り坂です。木陰の林道を歩き、自然との触れ合いを楽しめます。心地良い汗をかきながら、自然っていいな〜、などと楽しめながら登れるのです。まだまだ大丈夫。私もなかなかやれるじゃん!などと思いながら登っていくのです。
 しかし、そんな悠長なことを言っていられるのもほんの束の間。最初のうちだけです。あるところから、急な坂となり、それも階段となっているのです。えーーー、階段。。。思わず、筑波山を思い出してしまいました。階段の山、ほんとにきついんです。それも、筑波山より、この塔ノ岳は高いのです。ホントにゲンナリ、気持ちが挫けそうになりました。頂上まで、ほぼ、この階段がつづくというのですから。話によりますと、昔はこんな階段はなかったようです。あとから、階段を作ったようです。はたして坂道と階段、どちらが登りやすいのでしょうか?私としましては、階段より坂道の方がいいのですが。。。ある方によっては、この坂道より、階段の方がトレーニングになるのでいいというのです。夏、北アルプスだの南アルプスだの行かれるような方は、行く前にトレーニングとして登るというのですから。ですが、私は登山の初心者。南だの北だのまだ登るつもりは全くありません。そんな、、、このような山でトレーニングする意味ないじゃん。来なけりゃ良かった。まずはこの塔ノ岳に登る為に普段からトレーニングしなくちゃダメじゃん!!って思ってしまいました。行けども行けどもひたすら階段。登っても登ってもまだ続く。上を見上げてもまだままだ階段。一体いつまで続くのこの階段?ホントに、だんだん足が上がらなくなってくるのです。体が重い。普段の運動不足もたたり、体がふらつきます。痩せて無駄な肉をとらないとだめだこりゃ。でもね、どうなんでしょう、体重落とせば体が軽くなって登りやすくなりますが、20〜30リットルのリュックを担ぐにはある程度の力が必要なんです。あまり体重を落してしまうと、今度は力が無くなってしまうような気がするのです。無駄な肉を落とし、筋肉をつけないといけないっていうことですかね〜。難しいものです。
 そんなこんな考えているうちに頂上についた!!と思いきや、、、まだ、中腹でした。
画像

 ですが、見てください!!気がついたら、いつの間にか私は雲の上に来てしまったのです!!驚きました。。。こんな景色が見れるなんて。。。雲の上なんて、飛行機に乗ったときしかありません。それを自分の足で登ってきてしまうとは。。。雲がホントにふわふわして綿菓子のようです。ダイブしたら、受け止めてくれるのではないか?と錯覚してしまいます。この景色を見て、少し元気が出てきました。休憩して、また、頂上目指して登りだしたのです。千里の道も一歩から、小さなことからコツコツと。あっ、ちょっと違いましたね。でも、一歩一歩登れば、必ず頂上に行けるのです。一歩一歩踏みしめて登りました。
 そしてやっと頂上に着きました!!
画像

 中腹ではまだ、違う山が邪魔をして、富士山が少し隠れていましたが、今度ははっきりくっきり富士山のみを眺めることができます。なんてすばらしいのでしょう。雲の中にそびえ立つ富士山。神々しく、有難く感じます。
 画像 標高1491メートル。最初も申しましたが、2時間半〜3時間の行程です。しかし、、、頂上に着いたときは午後1時。約4時間かかってしまいました。今回私を含め7人でした。私が足を引っ張ってしまったのです。私がいなければおそらく、3時間以内で登れてしまったことでしょう。自分の体力の無さに反省しました。。。だからといって、東京に帰ってもきっと体力作りしないんだろうけど。この頂上ではいかん、なんとかせねば!!と、思うのですけど。海外旅行に行ったときは英会話やろう!!と思っても日本に帰ってきてしまうと、結局やらない。と、いうのと一緒ですね。
 頂上で食べるご飯は最高でした!!途中、来るんじゃなかったと何度も思ったけど、やっぱり来て良かったです。でも、また誘われてもこの山にはもう来ないと思うけど。。。一度、経験すればもういいかな。
 お昼を食べて下山。登った道をまた降りていきます。。。正直、下りもけっこうつらいんですよ。足への負担って下りもかなりかかるんですよね。もちろん、登るよりは時間的には早かったですが、かなりぐったりです。

 この山に行ってから1週間がたちますが、正直、今でも筋肉痛が残っています。まだ、足が痛いんです。ホントにもっと鍛えないとダメですね。
 しかし、ハイキング良かったです。普段、東京で無機質な生活をしていますが、たまにこうやって自然と触れ合うとリフレッシュされます!こんなきつい山ではなく、気軽なハイキングをまた是非ともしたいと思います。

2009,4,18(土)
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
塔ノ岳 明日はあしたの風が吹くサ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる