明日はあしたの風が吹くサ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 養老渓谷・大福山

<<   作成日時 : 2012/12/12 22:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

紅葉を見に行こう!ということで、先月のことですが、千葉県の養老渓谷に行ってきました。

画像 養老渓谷は初めてです。一度行ってみたいと思いつつ、なかなか行けなかったのですが、今回、やっと行くことに。千葉県は東京のお隣の県ですが、養老渓谷に行くにはちょっと時間がかかるのですよね。
 東京駅から総武快速に乗って千葉で内房線に乗り換えて五井で更に小湊線という普段は2両?しかないローカル線に乗り換えます。流石に今は紅葉を見ようという観光客が多かったので、小湊線は3両になっていました。今が稼ぎ時ですよね。小湊線からみる風景はのんびりした田園風景。その田園風景の中にカメラをこちらに向けるグループがいくつもあります。小湊線は鉄道ファンには人気なのでしょうか?写真をとってる人がたくさんいました。そんなこんなで走ること1時間でようやく養老渓谷駅に到着です。
 駅から滝を見ようと思うとまたここらかバスに乗らなくてはいけません。このバスがまたたくさんの人人人。ですが、私たちはバスには乗りません。何故なら私たちはハイカーなので、滝ではなく山を目指します!滝に行かずして、養老渓谷に何しにいったんだ!!って思われそうですが、とにかく山を登りたいのです。山の名は大福山。まあ、なんておいしそうな名前。駅から歩いて梅ヶ瀬渓谷を通り、大福山の山頂を目指します。
 山を目指す人は少ないようですね。養老渓谷の駅前は人混みで大変だったのに、山に向かう人はパラ、パラ、という感じでした。それがまた気持ちがいいのですよね。人人人は、、、正直、疲れます。本当は高尾山に行こうかと思ったのですが、恐らくこの時期ものすごーーーーく混んでいるだろうと思い、やめて、こちらに来たのでした。
 千葉県は若干南に位置するので、多少暖かいようで、関東で紅葉が一番遅いと言われています。11月の後半に行ったのですが、まだ完全に見頃にはなっていませんでした。見頃は12月初旬。丁度今の時期くらいでしょうか。それでもそれなりに紅葉していて綺麗でした。山々に囲まれた中、澄んだ水の川に紅葉が落ちて流れている様はそれは言葉にできないくらい美しいです。そしてその川を飛び石を越えながら渡るのはとっても楽しかったです。童心にかえります。子供の冒険心が蘇るようでした。私の中ではディズニーランドのカリブの海賊かジャン
グルクルーズに匹敵しました。
 途中分岐点になり、山道を登り始めます。今までのお気楽のんびりハイクは終了。ここからそこそこ険しい山道が続きます。ハイキングコースに入る前に看板が立っていて、ファミリーハイキングと書いてあったのですが、いや〜、ファミリー?子供大丈夫??ファミリーコースとは思えない。途中、ご老人のグループすれ違いましたが、とっても大変そうでした。大丈夫だったのかな??
 なんとか頂上に出ますとそこは舗装路。ちょっとベンチとイスがある見晴台。一応、眺めはいいのですが、今までの梅ヶ瀬渓谷などに比べるとちょっと見劣りしました。
 
画像 この見晴台が頂上かと思いきや、ホントの頂上はここではなく、もう少し先の高台です。よく周りを見ないと見落としてしまいます。その、高台をあがると、展望台があり、それをあがると360度のパノラマになります。でも、千葉の山って低いから、圧巻という感じではないのですが、千葉は平野だと思っていたので、意外と山があるんだということに驚きました。
 
 帰りは養老渓谷の駅まで、舗装路を歩いていきました。観光シーズンなので車の通りがけっこうあって注意しないと危険です。
 こうして、養老渓谷の駅にたどりつき、無事、東京へと家路に向かうのでした。

 養老渓谷、とっても良かったです。紅葉もいいですが、新緑も良さそうです。今度は是非とも5月頃、新緑の季節に来てみたいと思います。




Too 創作ぬり絵 CAL001 養老渓谷の紅葉
Too

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Too 創作ぬり絵 CAL001 養老渓谷の紅葉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

るるぶ千葉 房総'13 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by るるぶ千葉 房総'13 (国内シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【CD】藤森美よ/養老渓谷
ペーパームーン楽天市場店
2012/7/11発売【お取り寄せ商品】※こちらのタイトルはご注文受付後、メーカー・問屋で商品を確保

楽天市場 by 【CD】藤森美よ/養老渓谷 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
養老渓谷・大福山 明日はあしたの風が吹くサ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる